シアリス通販サイトを利用して勃起不全を治す

考える女性

シアリスは今までの勃起治療薬とは違って効果の持続時間がとても長いのが特徴です。
その持続時間は金曜の夜に服用すれば日曜の昼まで続くとされているため、ウィークエンドピルとも呼ばれています。
この持続時間の違いは使っている主成分の違いに由来しており、シアリスにはタダラフィルという成分が配合されています。
他の治療薬にはない効果の長さを実現したシアリスについて紹介していきますので、EDとなって治療薬を検討している人は一考してみて下さい。

シアリス通販の個人輸入代行はどこがおすすめ?

シアリスは販売されてからそれ程の期間が経過していないため、その認知度は低いと言わざるを得ません。
ただ他のED治療薬には無い効果を持っているので先行して販売されていた海外では有名な薬であったことから日本での販売が許可されると同時に偽物が出現するようになってきました。
この薬は外国の製薬会社が製造していて、日本では薬価が設定されていない薬価基準未収載に該当します。
そのため、保険証を提示しなくても医療機関から処方されるメリットはあります。
医療機関を受診して処方箋で購入した場合でも保険の適用がされず、診察から処方までその全ての段階で保険適用外となってしまいます。

EDの治療は医療機関であっても知られたくないと思う場合が多いという背景があります。
そのため保険の適用がされないのなら、費用が抑えられて自分がEDであるのが隠せる通販で購入したいと考えるのはもっともでしょう。
医薬品は日本の通販会社で通販の商品として取り扱うことは禁止されているので、どうしても通販で購入したいのなら個人輸入で買うしかありません。

個人輸入というのは形式的には個人が直接に海外から商品を輸入していることになっているので、通販ではないと考えられているからです。
実際の入手方法は個人輸入代行業者に購入を依頼し、その会社が輸入手続きを行って依頼者に送付するので、日本国内で通販商品を買う手順とそんなに違いは有りません。

しかし先に述べたように日本では多くの偽造品が流通していて、その販売元は殆ど個人輸入代行をしている会社からだと言われています。
全ての会社が偽造品を扱っているわけではなく、正規品を正しいルートで手に入れている会社も存在しています。
しかし、シアリスの偽造品は専門家でなければ分からないような精巧なものも多く、判別をするのがとても難しくなっているので販売している会社も本物だとして販売している場合も有るのです。

できれば通販ではなく医療機関を受診してそこで入手するのがいいのですが、どうしても通販で買いたいのであればシアリスの通販では大手の部類に入る業者から買って下さい。
大手であれば販売実績や経験から偽造品を見分ける技術は持っていますし、おかしなルートから仕入れるようなことは行っていません。
大手かどうかはネット総合病院というサイトを使えば検索出来るので、このネット総合病院から信頼できる会社かどうかを判断するとよいでしょう。
価格が安いからと簡単に手を出すと危険なので絶対にしないで下さい。

シアリスの効果の特徴は持続時間の長さ

シアリスが他の勃起不全治療薬と違っているのは、他の薬はシルデナフィルを使っているのに対して、シアリスはタダラフィルを使っているところです。
そしてこの主成分の違いは効果が発生する時間で顕著になっていて、シルデナフィルを使用しているものは即効性が高く、タダラフィルを使っているシアリスは遅効性となっています。
つまり効果が出る時間が遅いというのはその成分がゆっくりと体内に吸収していくからで、時間をかけて吸収されるために効果が消える時間も長くなっているのでウィークエンドピルと言われているのです。

即効性の治療薬は服用して一時間程度という短時間で効果が出るのですが、3~6時間程度で効果も消えてしまいます。
それに対してウィークエンドピルであるシアリスは、服用して36時間程度もその効果が持続するのですから驚異的とも言えます。
ただしこのシアリスは遅効性の勃起不全を改善する治療薬なので、その効果を性行為で実践したいのなら性行為をする3~4時間前に服用するようにして下さい。

勃起不全の治療薬は空腹状態で服用することを推奨していますが、このシアリスも出来るなら空腹状態で服用するのが最適となっています。
ただ体内に成分が吸収してしまえばそれ以後の食事は特に問題にならないので、服用する時だけ注意してくれればいいです。

それから、これは他の治療薬でも同様ですが、服用の前後で過度の飲酒は絶対に行ってはいけません。
少量であれば問題は発生しませんが、シアリスのような勃起不全の治療薬は血管を拡張する作用を持っています。
アルコールを飲めばそれだけで血液の流れが良くなるので、更に薬の影響で血液が流れやすくなってしまうと、どんな副作用となって出て来るのか分からなくなります。

またアルコールを大量に摂取すると脳が酩酊状態となって性的な興奮を感じてもそれを陰茎に伝達する能力が減退してしまいます。
勃起そのものを継続できなくなって中折れを引き起こす可能性が高くなるため、満足する性行為をしたいのであれば飲酒は適量で止めるようにして下さい。
またシアリスの効果は36時間程度なので、服用してどのくらいの間なら突然に勃起状態を生じてもいいのか考えましょう。
仕事など勃起しては困るような状況まで効果が残らないように計画を立ててから服用しないと、困窮する事態に陥るかもしれません。

EDの原因と症状とは

EDの原因は大きく分けて心因性と器質性が有ります。
心因性とはその名の通り精神的な問題でEDになってしまうことで、器質性は肉体的な要因からEDを発症してしまうことを言います。
心因性EDになってしまうのは性行為の経験が少ない若年層が多い傾向にあります。
経験不足による極度の緊張や、以前の性行為で心に傷となって残るような性行為の失敗がトラウマとなってしまい、性行為をする度にその時の辛い記憶が蘇って来て性的興奮を低くするので勃起が満足に出来なくなるのです。

またこの心因性は経験豊富な中高年層でも発症しますが、その場合には性行為での失敗も関係しますが、多くは仕事や日々の生活から来るストレスが原因になっています。
器質性は血行不良などの血管の状態悪化や神経の障害が原因で起きるEDで、主な原因となるのは加齢と生活習慣や食生活の乱れです。
これらの共通点は老廃物や脂肪が血液の流れを悪くすると共に、血液というのは血管の筋肉が収縮して前に押し出すことで流れて行くのです。
この血管の筋肉の収縮運動が低下して血管が狭くなってしまうために血行不良となってしまうことです。

勃起は陰茎の海綿体の毛細血管に血液が大量に流れ込まなければ陰茎を巨大化したり硬くしたり出来ないので、血液の流れは勃起には重要な役目を担っていることになります。
血管の筋肉を縮めた状態から緩ますにはサイクリックGMPという物質が必要なのですが、EDを発症した人はこのサイクリックGMPを分解してしまうPDE5という酵素が多く作られてしまっています。
このPDE5がサイクリックGMPに接触すると血管の筋肉が縮まったまま硬くなって動かなくなってしまい、それで血管が狭くなり血液の流れが悪くなるのです。

しかし勃起不全の治療薬はこのPDE5を阻害する働きを持っていて、サイクリックGMPを正常に働かせることで血液の流れを良くして勃起不全の状態を改善するのです。
器質性には他にも陰茎周辺部を強く打撲したり手術などで陰茎周辺部の神経が損傷してしまったために、脳からの性的興奮を伝える情報が上手く到達せず、陰茎にいくら刺激を与えても勃起しなくなるものもあります。
この場合は勃起治療薬を服用しても勃起不全は改善しないので、対処法としてはリハビリで神経の働きを元にもどすか、外科的な手術などで神経を繋げるしか有りません。

関連記事
ED治療薬のジェネリックの種類はさまざま

ED治療薬のジェネリックには色々な種類があり、その代表といえるのがタダリスです。主成分はシアリスと同じタダラフィルで、勃起を抑制する酵素を阻害する作用があります。タダリスの副作用は他のED治療薬よりも...


シアリスジェネリックのメガリスも通販で購入できる

メガリスはタダラフィルを有効成分とするシアリスジェネリックで、洗髪薬のシアリスと比べて圧倒的に安いのがメリットです。医療機関では処方していませんが、ネット通販を活用すれば購入できます。ジェネリック医薬...


シアリスと並ぶ3大ED治療薬バイアグラ・レビトラ

ED治療薬には性的興奮を受ける事で性行為を可能にする勃起力を導く作用があります。EDは勃起障害などと呼ぶ症状ですが、まったく勃起しないだけでなく中折れの状態になってしまう場合でもED治療薬が効果を作り...